梅毒の感染経路|梅毒などの危険な性病の治療には、薬の摂取が必要不可欠!
オレンジと透明のカプセル

梅毒の感染経路

カラフルな医薬品

「梅毒」の感染経路は他の性病同様、性行為によるものです。
ですが、梅毒は感染部が皮膚や粘膜などの微細な傷口から感染してしまうのです。
つまり、コンドームを装着していたとしても防げる、というものではありません。
オーラルセックスやアナルセックスなどでも感染してしまう、というよりむしろそれによる感染例が非常に多い性病なのです。
極論を言えば、口が梅毒に感染していればキスでも他人にうつしてしまうということです。

近年の日本ではこの「梅毒」が非常に流行しています。
理由の一つとしてはSNSの普及によるものです。
誰とでも出会える世の中になってしまったがゆえ、体だけの関係という間柄の人が増えています。
そういった出会い目的で作られたアカウントは数多くあり、出会い系サイトのように利用している人もいます。
出会い系サイトとは違って、もちろんお金がかからないので寂しさを紛らわすためには手っ取り早いのでしょう。
それゆえ、性に飢えた人たちはとにかく誰とでもいい!という感覚でセックスをしてしまう人が多いのです。
もちろん独り身に限ったことではなく、普段彼女・彼氏がやってくれないことをしたい!という理由でいろんな人とセックスする人もいます。
いつもと違うことをしてしまった結果、税病に感染してしまった、ということも多いようです。
また、風俗店の利用によってももちろんなりうる病気です。
検査をしていてもいつ感染するかなんてわかりません。
もしかしたらお客さんからもらってきてしまう場合もあり、そうなると不特定多数の人にうつしてしまうことになります。
働く側も、利用する側も非常に意識を高く持っていなければ、ただただ感染は拡大する一方です。