性病から身を守る|梅毒などの危険な性病の治療には、薬の摂取が必要不可欠!
オレンジと透明のカプセル

性病から身を守る

白や黒の医薬品

性病の有効な予防法は一体何なのでしょうか。
性行為全般をするな!という訳ではもちろんありません。
それに越したことはありませんが、それでは人種が滅亡してしまいますよね。
どの性病についても予防法は同じようなものなので、各性病の特徴を見てみましょう。
まず、性病感染者数の高いものからみていきます。
一番多いのはクラミジアです。
これは他の性病よりも圧倒的に感染者数が多いです。
クラミジアの感染部は性器、喉、直腸なので、梅毒同様、オーラルセックスやアナルセックスによっても感染します。
そして厄介なのが感染後の症状が出にくいので、次から次へとうつしてしまう可能性があるのです。

次に多いのが淋病です。
男性の場合、感染時に尿道に激しい痛みや膿が出たりするので、自覚症状としては分かりやすいのですが、女性の場合は症状がほぼありません。
淋病も性器だけではなく喉にも感染するので、オーラルセックスも危険となります。

そして、その次に多いのはヘルペスです。
ヘルペスには種類が様々あり、口唇ヘルペスや水疱瘡もヘルペスの一種です。
これらの原因となる病原菌は性器ヘルペスを引き起こすものと同じなのです。
口唇ヘルペスがあることからも分かるように、口も感染部になります。
つまり、これもオーラルセックスによって感染してしまう場合があります。

どの性病にもいえるのが、不特定多数の人と性行為をしない、というのが有効な予防法になります。
そしてコンドームの装着はもちろんのこと、タオルの使い回しをやめる、トイレの消毒を徹底することも感染防止に繋がります。
いろんな人と性行為をしたいという気持ちもあるとは思いますが、その場合はリスクも伴うことも頭に入れておいてください。
不安なら、定期的に検査に行くことをオススメします。